/page/2
シショによる福音書 第15章 1501>以下に、書を効率的に読み進める法の内の一つを記す。 1502>文章を「一文字」ずつ見るべからず。 1503>そして、文章を「一文」ずつ見るべからず、3行全体をかたまりとして見よ。 1504>この際、目に入る単語のみに意識を拾うべし。 1505>3行のかたまりを見て単語を拾う事を次に次に繰り返す。 1506>これだけで書の概略を把握する事ができる。 1507>もしこの中で気になる箇所があれば、そこだけに予め「記し」をしておき、後程、その「記し」の箇所だけを文章として、後でまとめて読み返す。 1508>これをすれば現在の3倍以上の速さで書を読み進める術を手に入れる事ができるであろう。 1509>補足だが、実は3行全体をかたまりとして見る行為自体、非常に集中力を必要とする。 1510>これにより副次的に、読む行為の集中力を飛躍的に高める効果がある。 1511>故に、雑念が消え、文章を一文ずつ見るよりも、読む行為全般に対する意識が高まる。 1512>更にこの法の奥義を究めんと欲するならば以下の事をするべし。 1513>常々、あらゆる単語の視覚的印象を鍛える鍛錬をせよ。 1514>例えば「犬」と言う文字から、ありありとした「犬」の視覚的印象をすぐに連想できるようにせよ。 1515>例えば「ゆっくり」と言う単語から、ありありとした「ゆっくり」の視覚的印象をすぐに連想できるようにせよ。 1516>書を文字情報として捉えず、文字情報を視覚的印象に変換する事が肝要である。 1517>常人の能力でもこの鍛錬を繰り返せば、3倍がその3倍になり、今までの9倍以上の効率を必ず得る事ができるだろう。 1518>そしてそれは、左程の苦痛も伴わず、また比較的容易に手に入れる事ができるであろう。
シショによる福音書 第14章 1401>以下に、複数の書物から現在の自分に必要な啓示を得られる法の内の一つを記す。 1402>その前に、その書が現在の自らの時間を割くに値する書かどうかを判断する法を記す。 1403>まずはその書の「目次」を見よ、さすればその書の殆どを把握できる。 1404>次に、自らの一番気になる章のみを読め、さすればその書が自らの時間を割くに値する書かどうかが分かる。 1405>もし、その書が自らの時間を割くに値する書であると感じた時には、その書の「はじめに(prologue)」を読め、その次に「さいごに(epilogue)」を読め、さすれば自らにとってその書に記されている重要な事の殆どを得る事ができる。 1406>以上の事をした上で再度「目次」を見て、先ほど選んだ章を除いた中で、次に自らが一番気になる章を読め。 1407>以上の事をした上で、その書が現在の自らに必要な書だと感じたら、未読の章の全てを順番に読め。 1408>読む中で、一つの書から得られる事は、大抵、多くて三文以上はないと心得、その三文を探せ。 1409>その一文、あるいは二文、あるいは三文を見つけ出したら、その文のみを他に写し、その書は破棄せよ。 1410>数々の書から自らが厳選した文のみを写しまとめた書は、読んだ年月日順にし、読んだ年月日、および、書名も記しておく。 1411>これを一年に一度読み返せ。 1412>さすれば、過去の自らの啓示を得られるだろう。
studiobabies:

Some model sheets for part 3 of Senpai Club!

かわいすぎる……!

studiobabies:

Some model sheets for part 3 of Senpai Club!

かわいすぎる……!

foodishouldnoteat:

if you love food follow my blog!

foodishouldnoteat:

if you love food follow my blog!

(fo00d-gasmから)

シショによる福音書 第15章 1501>以下に、書を効率的に読み進める法の内の一つを記す。 1502>文章を「一文字」ずつ見るべからず。 1503>そして、文章を「一文」ずつ見るべからず、3行全体をかたまりとして見よ。 1504>この際、目に入る単語のみに意識を拾うべし。 1505>3行のかたまりを見て単語を拾う事を次に次に繰り返す。 1506>これだけで書の概略を把握する事ができる。 1507>もしこの中で気になる箇所があれば、そこだけに予め「記し」をしておき、後程、その「記し」の箇所だけを文章として、後でまとめて読み返す。 1508>これをすれば現在の3倍以上の速さで書を読み進める術を手に入れる事ができるであろう。 1509>補足だが、実は3行全体をかたまりとして見る行為自体、非常に集中力を必要とする。 1510>これにより副次的に、読む行為の集中力を飛躍的に高める効果がある。 1511>故に、雑念が消え、文章を一文ずつ見るよりも、読む行為全般に対する意識が高まる。 1512>更にこの法の奥義を究めんと欲するならば以下の事をするべし。 1513>常々、あらゆる単語の視覚的印象を鍛える鍛錬をせよ。 1514>例えば「犬」と言う文字から、ありありとした「犬」の視覚的印象をすぐに連想できるようにせよ。 1515>例えば「ゆっくり」と言う単語から、ありありとした「ゆっくり」の視覚的印象をすぐに連想できるようにせよ。 1516>書を文字情報として捉えず、文字情報を視覚的印象に変換する事が肝要である。 1517>常人の能力でもこの鍛錬を繰り返せば、3倍がその3倍になり、今までの9倍以上の効率を必ず得る事ができるだろう。 1518>そしてそれは、左程の苦痛も伴わず、また比較的容易に手に入れる事ができるであろう。
シショによる福音書 第14章 1401>以下に、複数の書物から現在の自分に必要な啓示を得られる法の内の一つを記す。 1402>その前に、その書が現在の自らの時間を割くに値する書かどうかを判断する法を記す。 1403>まずはその書の「目次」を見よ、さすればその書の殆どを把握できる。 1404>次に、自らの一番気になる章のみを読め、さすればその書が自らの時間を割くに値する書かどうかが分かる。 1405>もし、その書が自らの時間を割くに値する書であると感じた時には、その書の「はじめに(prologue)」を読め、その次に「さいごに(epilogue)」を読め、さすれば自らにとってその書に記されている重要な事の殆どを得る事ができる。 1406>以上の事をした上で再度「目次」を見て、先ほど選んだ章を除いた中で、次に自らが一番気になる章を読め。 1407>以上の事をした上で、その書が現在の自らに必要な書だと感じたら、未読の章の全てを順番に読め。 1408>読む中で、一つの書から得られる事は、大抵、多くて三文以上はないと心得、その三文を探せ。 1409>その一文、あるいは二文、あるいは三文を見つけ出したら、その文のみを他に写し、その書は破棄せよ。 1410>数々の書から自らが厳選した文のみを写しまとめた書は、読んだ年月日順にし、読んだ年月日、および、書名も記しておく。 1411>これを一年に一度読み返せ。 1412>さすれば、過去の自らの啓示を得られるだろう。
miscellaneousdesserts:

Chocolate Easter Egg Cookies (recipe)

miscellaneousdesserts:

Chocolate Easter Egg Cookies (recipe)

(ilovedessertから)

(元記事: thefood-blog (sweetoothgirlから))

funnywildlife:

funnywildlife:

(元記事: facebook.com (cajunmamaから))

studiobabies:

Some model sheets for part 3 of Senpai Club!

かわいすぎる……!

studiobabies:

Some model sheets for part 3 of Senpai Club!

かわいすぎる……!

(soobakedから)

nestprettythings:

Long Beaded Tassel Necklace by Nest Pretty Things

nestprettythings:

Long Beaded Tassel Necklace by Nest Pretty Things

foodishouldnoteat:

if you love food follow my blog!

foodishouldnoteat:

if you love food follow my blog!

(fo00d-gasmから)

"シショによる福音書 第15章 1501>以下に、書を効率的に読み進める法の内の一つを記す。 1502>文章を「一文字」ずつ見るべからず。 1503>そして、文章を「一文」ずつ見るべからず、3行全体をかたまりとして見よ。 1504>この際、目に入る単語のみに意識を拾うべし。 1505>3行のかたまりを見て単語を拾う事を次に次に繰り返す。 1506>これだけで書の概略を把握する事ができる。 1507>もしこの中で気になる箇所があれば、そこだけに予め「記し」をしておき、後程、その「記し」の箇所だけを文章として、後でまとめて読み返す。 1508>これをすれば現在の3倍以上の速さで書を読み進める術を手に入れる事ができるであろう。 1509>補足だが、実は3行全体をかたまりとして見る行為自体、非常に集中力を必要とする。 1510>これにより副次的に、読む行為の集中力を飛躍的に高める効果がある。 1511>故に、雑念が消え、文章を一文ずつ見るよりも、読む行為全般に対する意識が高まる。 1512>更にこの法の奥義を究めんと欲するならば以下の事をするべし。 1513>常々、あらゆる単語の視覚的印象を鍛える鍛錬をせよ。 1514>例えば「犬」と言う文字から、ありありとした「犬」の視覚的印象をすぐに連想できるようにせよ。 1515>例えば「ゆっくり」と言う単語から、ありありとした「ゆっくり」の視覚的印象をすぐに連想できるようにせよ。 1516>書を文字情報として捉えず、文字情報を視覚的印象に変換する事が肝要である。 1517>常人の能力でもこの鍛錬を繰り返せば、3倍がその3倍になり、今までの9倍以上の効率を必ず得る事ができるだろう。 1518>そしてそれは、左程の苦痛も伴わず、また比較的容易に手に入れる事ができるであろう。"
"シショによる福音書 第14章 1401>以下に、複数の書物から現在の自分に必要な啓示を得られる法の内の一つを記す。 1402>その前に、その書が現在の自らの時間を割くに値する書かどうかを判断する法を記す。 1403>まずはその書の「目次」を見よ、さすればその書の殆どを把握できる。 1404>次に、自らの一番気になる章のみを読め、さすればその書が自らの時間を割くに値する書かどうかが分かる。 1405>もし、その書が自らの時間を割くに値する書であると感じた時には、その書の「はじめに(prologue)」を読め、その次に「さいごに(epilogue)」を読め、さすれば自らにとってその書に記されている重要な事の殆どを得る事ができる。 1406>以上の事をした上で再度「目次」を見て、先ほど選んだ章を除いた中で、次に自らが一番気になる章を読め。 1407>以上の事をした上で、その書が現在の自らに必要な書だと感じたら、未読の章の全てを順番に読め。 1408>読む中で、一つの書から得られる事は、大抵、多くて三文以上はないと心得、その三文を探せ。 1409>その一文、あるいは二文、あるいは三文を見つけ出したら、その文のみを他に写し、その書は破棄せよ。 1410>数々の書から自らが厳選した文のみを写しまとめた書は、読んだ年月日順にし、読んだ年月日、および、書名も記しておく。 1411>これを一年に一度読み返せ。 1412>さすれば、過去の自らの啓示を得られるだろう。"

Tumblrについて:

気になったものはなんでも貼ったり書いたりします。

フォロー中: